シルバーアクセの磨き方!黒ずみを落としピカピカする手入れ方法

シルバーアクセサリーのお手入れ方法まとめ

このページでは、黒ずんでしまったシルバーアクセサリーの磨き方/お手入れ方法をまとめています。


アクセサリー好きなら一度は経験する事になる「アクセの黒ずみ」との戦い。

人によっては「これもアクセの味だ」と思えますが、やはり買った時のピカピカ状態に戻したい!という人が多いはず。

ここでは、アクセサリー用のお手入れグッズを用いた「黒ずみを落としてピカピカにする方法」を、ご紹介。

自分が「これいいかも」と思える方法で、愛用のシルバーアクセを復活させてみてください。

アクセ手入れの王道:専用クロスで磨くやり方

シルバーお手入れの王道が「クロス」を用いたやり方です。

こちらの布はシルバーアクセ(銀用品)についた黒ずみを落とす専用のクロス。

布には銀表面の黒ずみを剝がす成分が染み込んでいます。アクセに当ててこすると、綺麗さっぱり黒ずみが落ちて「超スッキリ!楽しい!」となります。

細かい部分は爪楊枝を活用しましょう。布の裏から爪楊枝を当て、溝の部分をこすります。布を破ったり、手を怪我しないようにだけ注意しましょう。

クロスで磨くことのメリット

●価格が安い
●磨いている実感がある
●気になった時にさっと綺麗にできる

クロスでアクセを磨くデメリット

●ずっと使っているとクロスが真っ黒になり使いにくい
●とっても細かい溝の黒ずみは綺麗にできない
●一度にたくさんのシルバーアクセは綺麗にできない

シルバー磨き用の「液体」を使う方法

シルバーについた黒ずみを落とす成分が濃縮された液体です。

これにアクセサリーを入れて、出した後にブラシで磨いて拭き取る方法となります。

液体に1度付けるため、細かい溝の黒ずみも落としやすいです。その後のブラッシングでは、クロスで磨くよりも光沢を出すことができます。

「絶対に買った時の状態に戻したい!」など、完璧にピカピカにしたいのなら専用の液体を利用した方法がオススメです。

液体磨きのメリット

●満遍なく溝まで磨ける
●光沢が出やすい

液体磨きのデメリット

●コスパがあまり良くない
●容器からアクセを出す時に液ダレする
●匂いが苦手な方もいる
●クロスと違い「ピンポイント」では落とせない

ポリッシュクリームを使ったお手入れ方法

画像:amazon

液体よりも粘度のある「クリームタイプ」のお手入れグッズ。液ダレせず、自分で量を調整しながら使うことができます。

専用ブラシや歯ブラシなどに染み込ませて磨く。柔らかい布に塗り、銀磨きクロスのように拭き取るなど、使い方が幅広い点が特徴です。

頑固な汚れにも対応。長年の黒ずみを気合を入れて落としたい場合は、クリームタイプがピッタリかもしれません。

ポリッシュクリームのメリット

●液だれしない/少量でOK
●使い方が幅広い
●頑固な汚れも強力に落とせる

ポリッシュクリームのデメリット

●手が汚れやすい
●「クリームを拭き取る」という手間がある
●商品の種類が少なく、店頭には置いていないことが多い

シルバーアクセを歯磨き粉でピカピカにする方法

歯磨き粉に含まれる研磨剤は、想像以上に強力です。

歯ブラシにつけてシルバーアクセをこすると、強制的に黒ずみ部分をこそぎ落とすことができます。細かい溝までブラシが届くので、凹凸の多いアクセサリーも綺麗に。

特にネックレスのチェーン部分を綺麗にする時に、この方法が役立ちます。

伸びの良い歯磨き粉と、細かいところを綺麗にすることができる歯ブラシ。どんな磨き系アイテムよりも、チェーン部分を綺麗にしやすいはずです。

歯磨き粉で磨くメリット

●コスパが良い
●すぐに試せる
●細かいチェーンを磨きやすい

歯磨き粉で磨くデメリット

●専門製品ではない。他のグッズよりも、光沢や綺麗さは劣る
●スクラブが溝に残ることがある
●高い歯磨き粉は「研磨剤不使用」のため、磨く力が弱いことも

重曹を使ってシルバーをピカピカにする方法


お家でできる方法で最強なのがこちら。

●熱湯
●重曹
●アルミホイル

この三つの化学反応により、アクセの黒ずみを綺麗に浮かせて落とします。

コスパの良さ・綺麗さ・一気に綺麗にできるアクセの量。どれを取っても群を抜いています。

やり方も簡単で、アルミを敷いた鍋に重曹を適量入れ、アクセをイン。あとは熱湯を入れて数分〜15分ほど待ち、拭き取れば綺麗になります。

重曹磨きのメリット

●コスパが良い
●一気にたくさん綺麗にできる

重曹磨きのデメリット

●準備と片付けが面倒
●化学反応で若干匂いがする
●待ち時間がある

まとめ

どの方法も、かなり黒ずみを落とすことができます。

もし準備や作業が面倒!ということなら、シルバークロスを使った磨き方から試すと良いでしょう。いつでも拭くだけで綺麗にできます。

●手軽に!ならクロスや歯磨きを使う
●がっつり!なら液体磨きや重曹を使う

このように使い分けると良さそうです!